部屋

不動産を上手く売却するには気をつける点があります

トラブルを避けるために

家族

面積は正しいか

東京で不動産を購入するときに、誰もがその不動産の面積を登記簿などで調べて購入します。登記簿には家屋の面積や土地の面積、地番や地目などが記されています。それらの登記簿に目を通して不動産を購入することになるのですが、実際にこの不動産の面積は正しいものなのかと、疑問に思う人も東京には多くいます。こんな時に正しい面積を算出してくれるのが、土地家屋調査士です。土地家屋調査士は土地や家などの不動産の面積を正しく測定して、法務局への登記代行も行っています。万が一不動産の面積が登記簿と違っていた時などは、面積の訂正の登記も行ってくれます。東京で土地家屋調査士に依頼して、不動産を購入する前にその不動産の面積を測定してもらえば、安心して不動産を購入することができます。最近多くなってきているのが隣地との境界のトラブルです。購入した後で境界についてのトラブルが隣人と発生してくるのは、望ましいことではありません。土地家屋調査士に依頼すれば、境界の確認も行ってくれます。隣接する不動産の所有者立会いのもとで、正確な境界を出してくれます。所有者立会いのもとで確認が行われ、双方納得したうえで境界杭を打ち込んでくれます。ですから後々トラブルになることもありません。東京で不動産を購入する人があれば、一度土地家屋調査士に依頼して面積確認や、境界確認をしてもらうことをお勧めします。不動産購入後も快適な生活を送るためにも、隣人とのトラブルは極力避けたいものです。